【大分】大人気の由布院温泉と黒川温泉をはしご旅 その2 (由布院温泉篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

今から10年以上前の話ですが、母と近くに住んでいた妹と三人で春に、九州の大人気の温泉に遊びに行ってきました。

べっぷ地獄めぐりの「海地獄」と「鬼石坊主地獄」を見終わりましたので、由布院温泉に向けて出発です。

【大分】大人気の由布院温泉と黒川温泉をはしご旅 その1 (べっぷ地獄めぐり篇)
今から10年以上前の話ですが、母と近くに住んでいた妹と三人で春に、九州の大人気の温泉に遊びに行ってきました。 その温泉とは、大分県由布市(ゆふし)の由布院温泉と熊本県阿蘇郡南小国町(あそぐん みなみおぐにまち)の黒川温泉です。 それまで西へは、山口県までしか行ったことがありませんでした。...
スポンサーリンク

由布院温泉へ

カーナビ付きのレンタカーに乗っているので、基本的にはカーナビの指示に従っていれば、目的地に着いてしまいます。

べっぷ地獄めぐりから由布院温泉へは、県道11号線を通って行くことになります。

ただ、鶴見岳と由布岳のすそ野を通る道路なので坂道になっていますし、ところどころヘアピンカーブにもなっているので、気を付けて走らなければなりません。

最後に連続した 3つのヘアピンカーブを回って、そのまま真っ直ぐに県道216号線に入ると、由布院温泉の市街地に入りました。

由布市内の地名は、市町村合併を繰り返したことで、「由布院」と「湯布院」の表記が混在しています。

由布院温泉の野蒜山荘へ

由布院温泉の市街地を通る県道216号線を走っていると、変わった形の交差点「湯布院」がありますので、そこで北に右折して県道617号線を登っていきました。

すると正面に、陸上自衛隊の湯布院駐屯地の敷地がありますので、右に迂回しました。

あとは道なりに坂道を登っていき、道路の左側に出ている宿の看板に従って、ちょっと細い道を入っていくと、その晩のお宿「野蒜山荘(のびるさんそう)」に到着しました。

お宿 野蒜山荘

紺色の暖簾野蒜山荘の入り口は、暖簾の掛かった門になっていて、そこから階段を上がっていきます。
受付を済ませて通された部屋は、和室でした。

湯気

部屋の窓からはまだ春だったので、由布岳のすそ野?の一部とそこから生える葉のない木が見え、左の方には温泉場らしく湯気が立ち上っていました。

怒る女性

早速お風呂に行ったのですが、女性用のお風呂のお湯の出が、とても少なかったとのこと。
折角、由布院温泉まで来たのに、女性たちは満足に温泉につかれなくて、不満のようでした。

温泉に入る男性

なお、ボクの方の男湯は、露天風呂も内湯も共に、湯量も豊富にありましたので、ちゃんと温泉につかれましたよ。

昔の話なので、現在はもう復興して直っているでしょうけどね。

やまなみハイウェイを通って

さて、ゆっくり休んだ次の日は、再び県道11号線を通って、予定通り、次の目的地である「くじゅう花公園」を目指すことになりました。

県道11号線のうち、大分県の由布院から熊本県の阿蘇市までは、標高が高い場所を道路が通っているので、別名やまなみハイウェイと呼ばれています。

山の霧

その日は運悪く、霧が出てきたせいで視界が悪く、ゆっくりと安全運転で走ることに、なってしまいましたので、通常よりかなり遅くなってしまいました。

九重夢大吊橋を遠くに見て

そういえば途中で、九重夢大吊橋を渡りに行こうと、遠回りもしてしまいました。

九重夢大吊橋が道路から見えるところまで行ったのですが、駐車場を見たところ、多くの観光バスなどで、大混雑していました。

巨大な吊橋

また、九重夢大吊橋の方を見やると、吊橋の上も多くの人でごった返していました。
もしこのまま吊橋に行って、もしものことがあると困りるので、引き返してしまいました。

次は、くじゅう花公園に行きます。

【大分・熊本】大人気の由布院温泉と黒川温泉をはしご旅 その3 (芝桜と大観峰篇)
今から10年以上前の話ですが、母と近くに住んでいた妹と三人で春に、九州の大人気の温泉に遊びに行ってきました。 由布院温泉で一泊し、県道11号線(やまなみハイウェイ)と国道442号線(旧小国街道)を通って、くじゅう花公園に向かっています。 くじゅう花公園の入り口は く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました