【岐阜】養老町の象鼻山から南宮山へ その3 (宮代・栗原の村境と乙坂峠篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県養老郡養老町(ようろうぐん ようろうちょう)には、象鼻山(ぞうびざん)があります。
ふもとの道路を通るたび、いつも象鼻山古墳群の案内板が気になっていました。

ということで、象鼻山から南宮山まで登って、そのまま南宮大社まで下ってきました。
象鼻山古墳群だけでなく、途中の栗原山にもいくつか史蹟があります。

南宮山・象鼻山周辺地図

象鼻山頂上から、栗原九十九坊跡を訪ねたあとは、長宗我部盛親陣跡にある連理のサカキを見上げて、栗原山三角点まで登りました。

スポンサーリンク

2つの送電鉄塔の脇を通って

さて栗原山三角点からさらに南宮山の方へ歩いていくと、35鉄塔の根元に着きました。
すぐ横に一段高い細道が造成されていたので、もしかするとここも栗原九十九坊跡なのかも知れません。

そこからさらに進んだところで、ようやく栗原山頂上あたりを通りました。
栗原山の中で標高が一番高いのですが、三角点で安心して、気づかず通り過ぎてしまいそうです。

栗原山頂上あたりから坂道を下っていくと、開けた場所に197鉄塔が建てられていました。
山や木に邪魔されて視界が狭いので、濃尾平野の一部が見えるだけです。

宮代村と栗原村の境い目

197鉄塔を過ぎると、急勾配の下り坂が始まりました。
電力会社が設置したと思われる、樹脂製の黒い階段がうねうねと続いています。

栗原山北側の鞍部まで下りてくると、送電鉄塔の案内板が 2系統立てられていました。
198鉄塔は谷側を指し示していますが、道がかなり荒れていたので大変そうです。

不破郡 宮代 栗原 村界

鞍部から斜面を登ったところには、栗原村と宮代村との境界を示す標柱が立てられていました。
ここからは、いよいよ南宮大社のある宮代地区に入ります。

宮代と乙坂をつなぐ乙坂峠

さて宮代地区へ入ったら、つぎの案内板で36鉄塔のある方向とは逆方向へ進みました。
しばらく横がけ道を歩いたりしていると、乙坂峠に着きます。

乙坂地区と宮代地区のどちらから登ってきても判りやすいように、案内板が 2枚用意されていました。
筆跡が同じなので同じ人が作ったようですが、色使いを変えて方角を区別しているようです。

乙坂峠からは、さらに南宮山を目指して登っていきました。
ここまでと比べて、上り坂が多くなります。

作業道と並走して

しばらく上り坂が続いていたのですが、珍しく下り坂を歩いていると、左側に作業道が現れました。
先ほど乙坂峠で見た作業道の続きのようです。

なるべく作業道を歩かないようにしていたのですが、山道を削られて仕方なく作業道へ。
ピンク色のテープのところから、すぐに山道へ戻ります。

二股作業道の真ん中

その先で作業道は二股に分かれ、右の道は尾根を横断していました。
二股にある案内板はズレているので、南宮山へは真ん中の山道を登っていきます。

さらに南宮山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました